11月25日 【TRANSLATION×MAMMUT アバランチビーコン講習会】を開催致しました


2017年12月8日

11月25日 土曜日 【TRANSLATION×MAMMUT アバランチビーコン講習会】を開催致しました!
 
今年はフルモデルチェンジを果たした「MAMMUTアバランチビーコン(※雪崩ビーコン)」のお披露目を兼ねて、マムートスポーツグループジャパン 代表取締役社長 堀松隆久さんに講習を行って頂きました。※雪崩ビーコン:雪崩により雪の中に埋没した人の捜索のため作られたトランシーバーの一種
 

 

 
まずは1時間半ほど映像を交えた座学を行い、雪崩の危険性・アバランチビーコンの大切さ・救助に関する心構え、をレクチャーして頂いてから、フィールドに出ての実施講習をスタートしました。
 
まずは参加者全員に新しいビーコン“Barryvox S”を貸し出し、操作方法の確認と、互いのビーコンが正常に作動するかのチェックを行い、準備OK。
 
80メートルほど離れた所にターゲットビーコンを設置し、堀松さんの「あちらで雪崩が発生しました!救助のご協力をお願いします!」という掛け声にて要救助者の探索スタートです!
 

 
“100メートル近くも離れたところからビーコンが反応するのか?”と正直不安を感じたのですが、雪崩発生地点の方に走り始めると、すぐにビーコンが反応を示し、要救助者の方向をナビゲート!
広くなったディスプレイは旧モデルと比べて見やすく、スピーディーに要救助者に近づく事が出来ました。
 
新しい“Barryvox S”は要救助者に近づいた際の最終捜索である“直角法”を画面で解りやすく指示してくれ“ここでブローピングに入って下さい!”という合図まで出してくれる親切設計!
体験されたお客様たちの“使いやすい!解りやすい!”という声が印象的でした。
 
なかなか使う機会の少ないアイテムとはなりますが、これからの季節に冬山に入る方々の「必須アイテム」となっているアバランチビーコン。
 
定期的に使い方のおさらいをする事が、とても大切だとあらためて感じました。
講習会では、皆様に楽しみながら学習して頂き、しっかりと冬に向けての準備をして頂けたと思います!
講習にご協力して頂きました堀松様、ありがとうございました!
 
TRANSLATIONでは定期的にこういったイベントを開催しております。
次回が決まり次第、当ホームページやTRANSLATION Facebookページにて告知させて頂いておりますので、皆様の次回のご参加をお待ちしております!
 
寒さ厳しいなかご参加して頂きました皆様、本当にありがとうございました!
またのご利用をスタッフ一同、お待ちしております!