ページトップへ



TRANSLATION 企画 スノーシューハイキングin平湯開催しました

2015年2月14日

2月14日(土)スノーシュー日帰りツアーを、奥飛騨平湯で開催致しました。

平湯温泉からスキー場のリフトを利用し、一気に標高約1,800mの山上へ。良質なパウダースノーの上を、白銀の雪原と展望を求めスノーシューでのハイキングです!

お客様19名とスタッフ5名で名古屋駅を出発。
当日朝、現地の天気は雪。リフトは使えないのでは?など一抹の不安がよぎりましたが、朝止まっていたというリフトは、風や雪が緩み、私達が到着の頃にはリフトの運転が始まっており一安心。
現地ガイドのお二人と合流し、スノーシューとストックを持って2人乗りのリフトに乗車。
片道約10分と時間も距離も非常に長いリフトでした!
頂上駅に到着後、通常はスキーやスノーボードで滑り出す場所の為少々戸惑いましたが、皆様上手く“はけて”らっしゃいました。

さあ、頂上駅に全員到着し、スノーシューを装着、ハイキングの始まりです!
ガイドさんを先頭に足跡のない良質なふかふかなパウダースノーの上(スノーシューを履いても、膝まで埋まる程の雪!)を1列で歩いていきます。
足跡の無い場所に足を踏み入れ雪深の中ラッセル(シャベルなどで雪を払い除け道をつくり進むこと)体験をされていた方々は、スノーシューの威力を多く感じたことでしょう。
雪の多い場所でのラッセルはなかなか前に進まないという大変さも体験することができました。

ちらほらと雪も降り続き、あっという間に山頂へ到着!
山頂ではフカフカの雪を楽しむ為、林へ散策に行かれる方、雪の中に身を投じる方、倒し合いをする方、写真を撮影する方など、皆様思い思いに楽しまれていました。
残念ながら当日は曇り&雪で「絶景!!」とはなりませんでしたが、ガイドさんより、「あのあたりに笠ヶ岳、立山、白山・・・名古屋はあちらの方」など、晴れていれば見える展望を説明いただき、思いを馳せながら、その場で全員での記念写真をパチリ。

リフトの駅までの下山は、上級者コースと初心者コース(緩やかコース)の二手に分かれ、初心者コースは、緩やかながらも、股下まで雪が来るほどの雪深さ。
「誰も足を踏み入れていない場所に足を入れた方が下りは楽ですよー」とガイドさんより勧められましたが、上手く足が運ばず転んでしまうこともしばしば。
しかも起き上がるのに一苦労。雪のフカフカを存分に味わうことができました。
上級者コースは、スノーシューといえば「尻セード!」少し急な斜面でドキドキハラハラを楽しみました。駅への到着も斜面が急なだけあって早かったですね!
スノーシューを外し山頂駅に別れを告げ、下りリフトに乗車し再び下界へ。

ツアーの締めくくりは、バスに乗ってあっという間の1分!温泉に到着です。
「ひらゆの森」で冷えた体を湯船に沈めてじっくりゆっくり温まることができました。
露天風呂が大変充実しており、雪景色を眺めながら入るお湯は、名古屋ではめったに味わえない格別な体験でした。

真白な銀世界が広がり、良質でフカフカな雪を堪能することができた今回のツアーですが、往路の交通渋滞でスノーシューハイキングの時間が短くなってしまいましたが、スノーシューが初めてのお客様にはスノーシューの装着の仕方や歩き方を教わることができ、無雪期のハイキングとは違った山の楽しみ方を体験いただけたのではないでしょうか。
丸一日お客さまと過ごさせていただき、楽しい一日となりました。

今回参加された皆様、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

次回は、恒例&好評の春の「比叡山ツアー」を予定しております。
募集要項や詳細は随時、店頭・フェイスブック・メルマガなどで告知致します。
次回のご参加を心よりお待ちしております。