ページトップへ



若狭・三十三間山スノートレッキングツアー開催しました!

2017年3月1日

今回のツアーは、福井と滋賀の県境にある名峰、三十三間山(標高842メートル)。この季節の福井の山々は、まだまだ雪が積もっており、アイゼンを履いての登山となります。
 

 
 当日、ふもとに到着した時点では、どんよりとした雲の中ぱらぱらと雨の降るお天気となってしまいましたが、歩き出して10分程で雨も止んでくれ、汗ばむ程のハイクアップとなりました。
 
 良く整えられた林道を一時間程歩き、尾根沿いの登山道までたどり着くと、一気に雪の量も増え、アイゼン歩行のスタートです!
 

 
 尾根沿いの登山道からは一気に高度を上げる直登ルートとなりましたので、登山慣れしているお客様方々も息を切らしてのハイクアップとなりました。
 
 日本海側独特の重たい雪に悪戦苦闘。雪を踏み抜き転んでしまう場面も見られましたが、稜線に出るころには綺麗な青空も広がり、皆様の楽しそうなお顔が印象的でした。
 
 稜線に出てからは、このコースのハイライト!福井の山々の折り重なった稜線や、三方五胡、遠く日本海まで見渡せる、展望の良い稜線歩きとなりました。青空と雪のコントラストはとても美しく、ここまでの疲れも癒される景色でした。
 
 そして気持ちの良い稜線を抜け、頂上へ到着。残念ながら頂上の三角点は雪で埋まってしまっていたので、少し下った景色の良いポイントで記念撮影!雪の三十三間山を思う存分楽しむことが出来ました!
 
 最後にゆっくりと温泉に入って、名古屋に帰って参りました。ご参加頂いたお客様、本当にお疲れ様でした!
 

 
 TRANSLATIONでは季節に応じて様々なツアー・イベントを企画しております。皆様のまたのご参加、お待ちしております。
 

2017/2/28
逸見 敬一