ページトップへ



11月26日(土)トランスレーション×マムート アバランチビーコン講習会が開催されました!

2016年12月7日

「雪山対策用にアバランチビーコンを購入したものの使い方が解らない!」「バックカントリースキーをやってみたいんだけど、何が必要なの?」そういった皆様の疑問にお応え出来るよう、この度クレアーレ店にてアバランチビーコン講習会を開催しました。
講師にMAMMUT SPORTS GROUP JAPAN㈱ 専務取締役 堀松 隆久様をお招きし、座学・実地講習含め約3時間、みっちりと学んで頂きました。
 
まずは雪崩に巻き込まれた人を迅速に救出する為の必須アイテム アバランチビーコンの必要性と構造のご説明。
雪崩に巻き込まれた人を救出する場合、なによりも“早さ”が大切です。しかし、要救助者の姿は雪に埋没してしまっているので、そのまま探していたのではとても命を助ける事は出来ません。
しかし、アバランチビーコンを装着していれば、そこから発せられる信号を救出者がキャッチする事で、素早く埋没者の場所を特定する事が出来ます。
座学でも実際にアバランチビーコンを起動し、その構造、仕組み、使い方をしっかりと学ぶ事が出来ました。
 
 
続いて、実際に雪崩にあった場合を想定しての実地講習に入ります。実際に雪山にて練習するのが一番ではあるのですが、今回は白川公園を利用させて頂き、実際にビーコンを隠して、それを捜索する練習を行いました。
4グループに分かれての捜索練習。堀松様の「雪崩が起きました。一緒に捜索をお願いします。」という一言に、練習といえど緊張感が高まります。
私も皆様と一緒になって捜索の様子を見させて頂いたのですが、マムートビーコンの表示は解りやすく、初めて使う方でも的確に捜索を行う事が出来、落ち葉の下や、木の幹の間、樹木の茂みの中に隠された埋没ビーコンを、皆さま的確に発見していました!
実際の捜索現場では、二次災害の危険や、崩れた雪による足場の悪さも相まって、なかなかスムーズには行えません。日頃から使い方をしっかりと練習し、スムーズに捜索に移れるようにしておく事が大切だと感じました。

今回のアバランチギア講習、今期から発売されたマムート・アバランチエアバッグ(雪崩に埋り難くする為のエアバッグ)の膨らむ様子も見せて頂く事が出来、実際に体験することで臨場感も伴い学ぶ事が出来ました!
 
これから、本格的な雪山シーズンがスタート致します。楽しんで遊んで頂きたい!
でも、そこにはまず「安全であること」が一番大切だと思います。雪山の景色は素晴らしいものです。そこに向かうお客様をトランスレーションでは応援しております!
しっかりと準備して、これからの雪山シーズンを思いっきり楽しんでくださいね!
 
今回、ご参加いただいたお客様、マムートスポーツグループジャパン(株)の堀松様、本当にありがとうございました!
皆さん、冬の雪山には安全対策をしっかりして、楽しい雪山ライフを満喫して下さい!!